ホストの歴史と楽しむ方法|女だってストレス発散したい!ホストクラブで発散しませんか?

ホストの歴史と楽しむ方法

ソファに座る男性

ホストクラブは女性がお酒と会話を楽しみ、ゲームなどで盛り上がれる場所です。誕生は1965年の東京で、もともとのグランドキャバレーが生まれ変わって、女性のためのダンスホールとなり、ホストクラブに変化していきました。はじめは、中年女性が通う不道徳な場所という認識が強く、あまり良い印象は持たれませんでした。しかし、近年ではメディアなどの影響で女性が気軽に楽しめる場所というイメージが持たれるようになりました。特に新宿歌舞伎町や大阪ミナミのホストクラブは、メディアで取り上げられることも多く、ホストという職業に憧れる男性も増加しました。ホストには、容姿に優れていることだけが求められているのではなく、話術や人間性などを加えた個性が必要とされます。女性客のタイプが十人十色であるように、ホストのタイプも幅広くなっています。

ホストクラブというと、遊ぶためには多額の資金を必要とするというイメージもあるかもしれません。確かに普通にカフェに行くのとは違いますので、夜のお店にはお金が必要です。ホストクラブの料金は時間帯によって変わってきますが、一番安い時間帯の利用で1時間1万円ほどです。それにボトル代や指名料金などが2万円ほどかかり、シャンパンなどを頼めば軽く3万円は追加となります。値段に限りがなくなるため、一晩で数百万円を使う人も珍しくありません。しかし、初回料金コースを利用すれば低予算でホストクラブを満喫できます。初回料金コースは、お店によって異なりますが、初回のみ割引が適用されたり、飲み放題がセットされていたり、お得に利用できます。